最近のキモノ。

真綿紬に型染帯

展示会中のキモノ。
土日は着物で会場におりました。
一日目は明るい色の紬に型染めの帯。

優しい色のコーディネートは年配の方に好評なのです。

結城縮に手描き更紗帯。

二日目は気分を変えて、藍色の縮織りに手描き更紗の帯。
帯周りをちょっとクリスマスカラーに。
連日着物だと結構疲れてしまうので、写真はありませんが。。

下は先日春日大社の宮司さんのお話を聴く会へお出かけした着物。
会場はメトロポリタンホテルの一室なので、少しよそゆきに。

秋小紋に家紋の帯

この時期になると着たくなる紅葉の小紋。白地の着物は上品な華やかさがあって大好きです。
帯揚げも白で。

ようやく着物? 9月の単衣。

9月の単衣

朝方とても涼しかったので、久々に着物を出しました。
昼からむし暑くなってしまったんですけど・・もういいやと着物でお出かけ。

白の本塩沢を出すつもりでしたが、すでに暑かったので紺に変更。
こちらのほうが薄手で少し風通しは良いです。

9月の単衣

帯は多分単衣用の薄手のものですが、花が何だかわからない帯。
あ、ちょっと柄が下がってしまった。長すぎるのです。

9月の単衣

薄手なので6月~9月くらいの夏の花だろうと思っているのですが、葉の色づき具合から春単衣よりは秋単衣用かなーと。(春用でも彩りで枯葉を入れることはありますが・・)
私的にはミヤマフウロ、またはゲンノショウコが近いと思っているのですが、ガクの感じは違うような気もして。そして前柄の紫の花も謎なのです・・。

9月の単衣

雰囲気は山野草ぽいですね。
分からないけど、秋単衣ならOKと思って着ております。(期間限定短い・・)
誰か分かったら教えてください。

ちなみに今日の目的はこれ。
北斎茶房 夏あんみつ

ちゃんとスケッチしてから食べましたよ!

ついでに北斎美術館のこれ。
北斎の橋 すみだの橋(画像は美術館サイトから拝借。)

近くにあった美術館。
北斎美術館とは言うけど、北斎の絵を沢山持っているわけではない、というのは知っていたけど。まあ確かに。。
絵を観にいくというより、観光ついでに立ち寄る感じで。
企画展は橋にちなんだ浮世絵を集めたもの。
受付で驚いたことに、橋つながりで、名前に「橋」のついた人は割引があるのです!
着物割引は良くあるけど、橋割引!そんなの初めて~。
高橋、石橋、船橋、橋本あたりはかなり居そうですね。

浴衣で七夕祭り。

浴衣で七夕祭り

台風の前で少し涼しくて助かります。
今年はとにかく暑くて着物を放置しております。
あまりだらだら汗をかいて着物というのもね・・。
いや体力と根性がないだけかもしれませんが。

で、超久しぶりの浴衣です。地元の七夕祭りへ行きました。
夏祭りはワンパターンでこの浴衣と帯になります。
浴衣3枚ありますが、夏の夜に映えて涼しいとなるとだいたい決まってしまうのです。

浴衣で七夕祭り

半幅はあまり得意じゃないですが、吉弥に。
文庫より慣れるとラクです。

もうしばらくこのくらいの気温が続いて欲しいですが、そうもいかなそうな今年の夏。。
さらに災害の無いことを祈るばかりです。

蒸し暑~い日のお出かけ。小千谷縮に羅の帯。

小千谷縮 羅の帯

むしむしと暑い一日です。
降ってくれたほうが涼しくなりそうですが、多分今日はほとんど降らないだろうと想定。
日傘を持ってお出かけしました。

凄く久しぶりのお着物です。
単衣の時期が忙しすぎて、籠もっていたので、袷から一気に夏物。
それも真夏の暑さ対策フルバージョンです。

小千谷縮に羅の帯

30度を超えるというので、絹は諦め。
汗をかいても洗える麻にしました。

笹?の柄の小千谷縮に流水の羅の帯です。
前柄は縦になっているので滝?
鯉の帯締めなので、鯉の滝登りということで。

三田の春日神社で今回も裏方さんでお茶出しやらお運びさんのお手伝い。
今日も足腰が鍛えられて、夜には既に筋肉痛です。

夜はまた別件がありまして、一旦着替えて丸の内バルバッコアでシュラスコの会。
今あまり肉類食べられませんが、野菜はたっぷり、肉はほどほどに食べてきました~。

久々の宴会・外食でありました。

春色の更紗帯でお出かけ。

小紋に春色更紗帯。

土曜日のコーディネート。
散り際の桜の帯を、と思っていたのだけど、朝起きたら強い風で桜の花びらが降り積もっていて、さすがにこれは時既に遅しだわ、と諦めました。
桜の帯は出し損ねて、今日は虫干ししております。

そんなわけで、せめて春らしい色と思って選んだピンクの手書き更紗帯です。
へろっと描いた線がお気に入り。
帯に合わせて気安いのり散らし模様の小紋。

小紋に春色更紗帯。

で、朝から母と着物やさんのセールにお付き合い。
帰りに銀座の画廊に寄らせてもらいました。

煉瓦画廊さんの後、柴田悦子画廊さんに寄ったら、丁度畠中先生の展示で、正面の絵(祖師画)、間近で観られて良かったです。
大きな手が動き出しそうでした。
興福寺の再建事業のためにかかれたものだそうで、実際に興福寺中金堂に納められる絵は高島屋で大きな展示があったそうです。
日本橋の展示は見逃したので、横浜展に行こうかなと思います。
興福寺の寺宝と畠中光享展 | 高島屋

お話していたら、そのうちに中野先生にばったり。
先輩も加わって一気に多摩美濃度が上がり、すっかりまた学生気分であれこれ講義を拝聴して帰りました。

この日も帯付で汗ばむくらいでしたが、今日の暑さは異常でしたね。
今日だったらもう単衣でないと汗だくになってしまいます。
急に単衣の季節が迫ったのを感じる一日でしたー。

白地の付け下げでプレ・オープンに。

白地付け下げに袋帯

昨日は灌仏会ですね。
販促ツールを作成させていただいた、碧空トルマランセさんのプレ・オープンで、芝パークホテルに行ってきました。
一応ホテルでのお祝いごと、ということで、華やかにしてみましたが、皆様控えめで、ちょっと浮いたかも^^;

白地付け下げに袋帯

上着を考えて短めの袖裄にしたのですが、なんかこの着物は裄が短いのが目立つので、もう少し長めにしようと思います。
しかしまた着る機会があるかしら。。
白地で光沢感のある着物ってやっぱり華やかさが強いし、光によっては顔うつりも微妙だし、要注意だなーと。
よく分からない時は色無地が無難だわと思った次第。

帯はアンティークのちょっと変わった織りのものです。
もともとリメイクするつもりで買ったもの。
柄は軽めで使いやすいのですが、袋帯、重い。たまに着るとずっしり腰にきますね・・。

白地付け下げに袋帯

着物の地はこんな感じ。
つたの葉の紋の入った布に、びっしり笹を描いてあります。
この着物を作った方は自分がつたの葉の紋で、誰かご贔屓の役者さんとかが笹に縁のある人だったのかも?と想像が広がりますが。。

この手書きのびっしり感が、何となく「流れる」のつた奴、山田五十鈴みたいでいいわーと思ったのですけどね。
もう少し色が濃いほうが難易度が低かった^^;

この後ミッドタウンで絵巻物展を観て、桜を眺めつつ帰りましたよ。

碧空トルマランセさんについてはまた改めてご紹介します~。

銀座煉瓦画廊さんへ。春色米沢紬に型染め更紗の帯。

銀座むら田 村田あき子のきもの365日銀座むら田 村田あき子のきもの365日

村田あき子さんの展示、講演を聴きに行ってまいりました。
平日なのに大盛況で、何より。
煉瓦画廊さんは素敵な着物の方が集まるので、眼福です。

DMのイメージ的にこの着物がいいかな、と。
水色の紬を出しました。
この着物、先日いいかげん汚くなってきて、洗い張りに出して、表裏・上下を換えてもらったり大工事したら少しは綺麗になったかな。
が、丈が縮んでしまって、胴継ぎを入れてもらってます。
もともとぎりぎりの身丈しかなかったとこに、5cm近く縮んでました。
腰紐のところにぎりぎり5cmくらいの継ぎが入っていて、これで見えなくなるの??と半信半疑で着てみると、意外やちょうど見えなくなります。
あまり褄を斜めに上げると危険です。
腰紐の位置も少しずれると危険なんですけども。。逆に目印にして着るイメージで。
私以外に着られない着物になってしまいましたが、、多分この着物にはラストオーナーなので、勘弁してもらいましょう。

米沢紬 型染め更紗の帯

帯、皆さんにむら田のですか?って聴かれましたが、、すみません違うんです。。
古~いやつです。
今日はさすがにむら田さんの帯の方が多くて、素敵な織の帯がたくさん拝見できました。

米沢紬 型染め更紗の帯

久々の着物で、初めての帯で、小物もろもろ準備してなくて結構時間がかかってしまいました(←遅刻)。
今日は何しろ強行軍だったので。

今日の講演でおっしゃっていた通り、前の晩の準備が大事・・ですよねー。
むら田の奥様は余裕をみて15分、だそうです。そのぐらいちゃっちゃと着られるといいんですが、迷いがあると駄目ですね。

むら田の奥様の黒っぽい結城を観て、あ、やっぱり結城いいなーとまた結城熱が・・。
2,3月は余裕が無かったので、着物もご無沙汰でしたが、4月はまた着たいと思っております。
あー桜の帯も出さねば。(遅い)

小紋着物で賀詞交換会へ。

えんじ小紋に藤の帯

え?なんで冬に藤の柄??となりますが・・。
いいのです。今日は春日神社で藤の会なので、ちなみ柄なのです。

あーお正月からずっとこの着物着てますねえ。
今日は訪問着か江戸小紋のつもりだったのですが、雨予報で急遽小紋&カレンブロッソに変更しました。
帯も名古屋で、塩瀬の地に源氏車と藤。
昨年の紋付からえらい差ですね^^;
もともと着物は2,3人の会なので、まあ大目に見ていただこうと。

会場設営などお手伝いもあったので、裏方でもあり。

着物で和室のあれこれ座布団運んだり食事を運んだりしていたのですが、やってみてわかること。
脚にくる!
なるほど日舞などやる人は、足腰が鍛えられるに違いないと確信しました。
日舞の動きを取り入れた、筋肉の衰えを防ぐトレーニング法もあるとか。
確かに着物着るだけでも腹筋背筋、足腰にそれなりの筋肉必要です。

えんじ小紋に藤の帯

こちらは春日大社の成り立ち、鹿島から神様が鹿に乗って奈良の地にいらっしゃったという神話をイラストに。
昨年春日大社は60回目の式年造体を終えて、新たに生まれ変わったところ。
それに相応しく、お目出度いイラストがいいなーと。いろんな神獣さんがお祝いに集まって来るような楽しいイメージです。

日本神話イラスト

着物で初詣その2。向島牛島神社。

これもお正月休み中ですが。思い出し記録。
三が日を過ぎた後の浅草に行って、向島の牛島神社もお参りしてきました。

着物で初詣

何しろ風の強い日で、橋の近くは前に歩けないわ砂埃は立つわ。。
着物は風に弱いのですが、江戸時代の人はこの関東の空っ風をどうしていたんでしょうねえ。

牛島神社は河原の緑地にあって、水と風に洗われたような、古い木の色をしています。
境内には狛牛やらなで牛やら牛がたくさん。
もともと牧場でもあったらしい。
神様は・・というとスサノオ神だそうです。牛頭天王つながりかな。(スサノオの本地が牛頭天王)

着物で初詣着物で初詣

浅草は浴衣?かと思うような彩度の高いレンタル着物でいっぱいでした。
外国の方も多いようです。
むしろ着物を着ているのは外国人のほうが多いのか・・?
平日だったのもあってそうかもしれません。

元旦の初詣着物と同じ、赤紫の小紋に、辻が花風の帯。
外では黒のウールコート必須です。風押さえの意味でも。
お正月だともう少し格式高くてもいいのですが、、浅草だしな、と気軽な方に流れましたーー。

着物で初詣。

お正月に着物

年末から年明けの都内は1年で一番静かでいい感じです。

ご近所仲間で阿佐ヶ谷の神明宮へ着物で初詣してきました。

赤紫の小紋はようやく袖を直して着られるようになりました。
帯は酉年つながりで雉。帯揚げは白に金の柄で、ちょっとおめでたく。
帯締めも写真ではわからないけど、紅白のグラデーションになっています。

お正月に着物 鳥の帯

暖かくて穏やかな、着物はじめでした。