ライブビューイングでオペラ。

オリー伯爵
(画像は松竹のサイトからお借りしました)

生で観たいところですが、なかなか観られる機会もないオペラ。
魅力的なビジュアルに惹かれてMETのライブビューイングでちょっとマイナーな演目の再演を観にいって来ました。
ロッシーニのコメディオペラ「オリー伯爵」

初めてみるMETライブビューイングですが、良く工夫されていて、客席のどよめきや臨場感もあり、裏舞台の解説もありで、映像は映像なりに面白く仕上げてあるのはさすが。
先月観たナショナル・シアター(イギリス)ライブビューイングの「アマデウス」もとても面白かったのですが、客席の反応も無く、映像としては少し距離を感じてじれったい感じがしたので、METライブの映像はさすがに分かりやすく出来ているのはお国柄でしょうか。

歌手の皆さんも演技力抜群で顔芸もばっちり見えて、日本人にはくどいくらいなので、字幕無しでも大体わかるくらいのわかりやすさです。
オリー伯爵のフローレスがいかにも女好きの伊達男を演じていて、くねくねの女装もちょっと可愛くて笑えます。
コンテッサのダムラウはさすがのコロラトゥーラで、圧倒的。軽快なコメディのノリも可愛らしい。
この二人に挟まれる美少年役のディドナード(メゾソプラノが男装)も息があっていて、裏舞台の女性二人のきゃっきゃうふふした百合具合がまた可愛いのです。
主役三人の脇で少し抑え気味のラゴンド夫人はメゾソプラノと書いてありましたが、アルトかと思いました。どちらも歌える人みたいです。
ディドナードよりずっしりとした影のある不思議な声でダムラウと陰陽になって面白いです。

オケも良くて、簡素に見せているけど質感のある舞台美術も好きです。
衣装も凝っていて、中世の要素がところどころに。
最初に病気のダムラウが深い紫の衣装で登場して、室内着はやわらかいベージュピンク、最後は情熱的になって鮮やかなフューシャピンクになるのも分かりやすく、お付きの侍女たちもそれぞれにヘッドドレスから凝っています。これを作るのは楽しそう!

何しろ相当に豪華な舞台でありました。
これが作れる財力のあるシアターが世界にいくつあるでしょう。
いつか生で観たい・・。

小澤真智子 ヴァイオリンリサイタル

小澤真智子 ヴァイオリンコンサート フライヤー

北鎌倉のあと大船の鎌倉芸術館で、小澤真智子さんのヴァイオリンリサイタルを聴いてきました。
こちらのチラシを作らせていただいた公演です。

今回はパーカッションが入って楽しさ倍増。
前半はピアノとヴァイオリン、後半はトリオでの演奏でしたが、前半後半でかなり雰囲気の違うコンサートでした。

前半はじっくり弾き込んだレパートリーで、今回発売のCDタイトルにもなっているオブリビオンはこれまで以上に情感たっぷりで、繊細な表現も聴き応えがありました。
こんな曲だったのかと、ちょっと新鮮な感動があり、いいですね。
CDにはオクターヴィオ版のオブリビオンと、新録音のミ・オブリビオンが両方収録されていて、これから聴くのが楽しみです。
オクターヴィオさんの独特の土っぽさとか、キレのいいリズムが亡くなったのは本当に残念ですが、新しいオブリビオンにも期待したいと思います。

小澤真智子 ヴァイオリンコンサート フライヤー

後半はブラジル生まれのジョカさんのパーカッションが加わったことで、より南米らしくなって、ライブ感も増しました。
自作の曲も多かったので、アドリブ感も増してスリリング。その場でしか味わえない音楽のよさがあったと思います。

今回は鎌倉の友人とも久しぶりに会えて、楽しい一日となりました。感謝。

Dr.本間邸 ローズガーデンコンサート。

本間邸ローズガーデン サロンコンサート

今年も千葉あすみヶ丘ワンハンドレッドヒルズのローズコンサートに行ってきました。
尾見林太郎&城戸春子 ピアノとチェロのジョイントコンサートです。

尾見さんのプログラムはリハーサルも聴いていたので頭に入ってましたが、ピアノの音がとっても綺麗に伸びて、良かったです。
前はこのベヒシュタイン、弾きにくそう~だったのが、随分仲よくなったものです^^

ショパンのポロネーズ第3番「軍隊」
これは前座の一曲って感じですが、誰でも知っている曲はやはり必須ですね。
なんか少年っぽい?行儀良く、きりりピシっとした素直な音でした。

シューマン「アラベスクop.18」
アンニュイな音色の一曲。スモーキーでちょっと甘い、ババロアみたいな色が繰り返し繰り返しの模様になって、このまま終わるのかと思いきや、最後の1節で魔法がかかったみたいに全部がきらきらして、おしまい。
ずるいですねーシューマン。

ヘンデル「シャコンヌ」
この曲好きなんです。華やかで明くて、バッハ=ブゾーニのシャコンヌとは本当に対照的です。
白と金の装飾過多な宮殿と、古風な響き、たくさんの人が歌っているような旋律の重なりにどきどきします。
サロンなので、少し抑えめの演奏でしたが、大きなホールで聴きたいですね。

ブラームス「ピアノソナタ第3番 ヘ短調 op.5より終楽章」
楽譜を覗くとなんじゃこりゃ、というような和音の連続で、オーケストラのような重厚感。
途中ベートーヴェンか?と思う箇所が何度かありつつ、豪華なエンディング。
若いのに地味派手なブラームス・・。これもベーゼンドルファーで聴きたい一曲。

城戸さん(チェロ)&上仲さん(ピアノ)のデュオも名曲揃いで、楽しく聴けました。
最後の2曲、フランクのヴァイオリンソナタとショパンの「華麗なる大ポロネーズ」はピアノの出番も多くて、デュオの楽しさを存分に味わえるプログラムでした。
やはりピアノソロは聴き手も緊張感があるけど、デュオだとゆったりして盛り上がりも華やか。
2つを合わせて聴くのもいい組み合わせだと思います。

本間邸ローズガーデン サロンコンサート

薔薇は見ての通りの満開。満開ピークをわずかに通りすぎたあたりかな・・。
今年は本当にいろんな花の開花が早まっているので、大変です。
オールドローズ系や、ノバラのようなミニローズが綺麗に咲いていました。

本間邸ローズガーデン サロンコンサート

ストロベリー&クリームって感じです。
気温は高かったのですが、まだ爽やかさがあって助かりました。
あまりスケッチをする時間が取れなかったのですが、なんとか1枚。そういえば昨年も忙しくてあまり時間が取れなかった・・。
でも1枚日本画に出来たので、今回のも何とかなるかな。

本間邸ローズガーデン サロンコンサート

興福寺の寺宝と畠中光享展

興福寺の寺宝と畠中光享展

先日柴田悦子画廊さんで拝見した祖師画が良かったので、横浜の展覧会、行ってきました。
本当は先週行きたかったのだけど、丁度仕事が詰まっていたので。。

畠中先生の絵は、女性を描いたものより、男性を描いたものが好きです。
中でもやはり今回の祖師画シリーズが良かったです。
色と線の美しさが際立っていて、これは興福寺にも先生にも良いめぐり合わせだったんだなーと。
1000年残るものを、って凄いプレッシャーですね。。

せっかく横浜まで出たので、友達とお茶してまったりして帰りました。
若干腕が腱鞘炎っぽいので、休み休みやっております~。

薔薇の季節。

ローズガーデン

今年も早くも薔薇の季節ですねー。
毎年恒例の、千葉遠征。
Dr.本間のローズガーデンコンサートに行ってきました。

・・が、今回は仕事が山積みだったため、スケッチを1枚軽く描いただけで帰ってきました。
写真もなくて済みません・・。

薔薇は超満開でした。
急に温度が上がったようで、いつも最初の頃に咲く小さなつる薔薇から、時期の遅いオールドローズまで、ほとんどの花が咲いていたのではないでしょうか。
あたり一帯が薔薇の香りでいっぱいでした。

尾見さんのピアノは、リハーサルで聴いていましたが、
スカルラッティのソナタ、バッハの平均律第二巻、バルトークのルーマニア舞曲、
最後がブラームスのラプソディーとインテルメッツォ。

個性的な曲が揃って、あちこち旅をしているような。
古典派は格調高く、バルトークはひねりが効いて遊びがあって、ブラームスは出来たらベーゼンでもう一度聴きたいですね。
ブラームス独特のうねるような暖かさや甘い感じがベヒシュタインだとちょっと物足りないかな。

城戸さんのチェロはピアノの方と息がぴったりで、ベートーヴェンのチェロソナタは本当にピアノとチェロが一体になっていました。
芸大の同級生だということですが、長い時間が経ってもこうして一緒に演奏が出来るのは音大生ならではでいいですね^^

絵描き同士もまあ、展示を一緒にすることはありますが、一緒に描くわけではないですからね^^;

春色の更紗帯でお出かけ。

小紋に春色更紗帯。

土曜日のコーディネート。
散り際の桜の帯を、と思っていたのだけど、朝起きたら強い風で桜の花びらが降り積もっていて、さすがにこれは時既に遅しだわ、と諦めました。
桜の帯は出し損ねて、今日は虫干ししております。

そんなわけで、せめて春らしい色と思って選んだピンクの手書き更紗帯です。
へろっと描いた線がお気に入り。
帯に合わせて気安いのり散らし模様の小紋。

小紋に春色更紗帯。

で、朝から母と着物やさんのセールにお付き合い。
帰りに銀座の画廊に寄らせてもらいました。

煉瓦画廊さんの後、柴田悦子画廊さんに寄ったら、丁度畠中先生の展示で、正面の絵(祖師画)、間近で観られて良かったです。
大きな手が動き出しそうでした。
興福寺の再建事業のためにかかれたものだそうで、実際に興福寺中金堂に納められる絵は高島屋で大きな展示があったそうです。
日本橋の展示は見逃したので、横浜展に行こうかなと思います。
興福寺の寺宝と畠中光享展 | 高島屋

お話していたら、そのうちに中野先生にばったり。
先輩も加わって一気に多摩美濃度が上がり、すっかりまた学生気分であれこれ講義を拝聴して帰りました。

この日も帯付で汗ばむくらいでしたが、今日の暑さは異常でしたね。
今日だったらもう単衣でないと汗だくになってしまいます。
急に単衣の季節が迫ったのを感じる一日でしたー。

銀座煉瓦画廊さんへ。春色米沢紬に型染め更紗の帯。

銀座むら田 村田あき子のきもの365日銀座むら田 村田あき子のきもの365日

村田あき子さんの展示、講演を聴きに行ってまいりました。
平日なのに大盛況で、何より。
煉瓦画廊さんは素敵な着物の方が集まるので、眼福です。

DMのイメージ的にこの着物がいいかな、と。
水色の紬を出しました。
この着物、先日いいかげん汚くなってきて、洗い張りに出して、表裏・上下を換えてもらったり大工事したら少しは綺麗になったかな。
が、丈が縮んでしまって、胴継ぎを入れてもらってます。
もともとぎりぎりの身丈しかなかったとこに、5cm近く縮んでました。
腰紐のところにぎりぎり5cmくらいの継ぎが入っていて、これで見えなくなるの??と半信半疑で着てみると、意外やちょうど見えなくなります。
あまり褄を斜めに上げると危険です。
腰紐の位置も少しずれると危険なんですけども。。逆に目印にして着るイメージで。
私以外に着られない着物になってしまいましたが、、多分この着物にはラストオーナーなので、勘弁してもらいましょう。

米沢紬 型染め更紗の帯

帯、皆さんにむら田のですか?って聴かれましたが、、すみません違うんです。。
古~いやつです。
今日はさすがにむら田さんの帯の方が多くて、素敵な織の帯がたくさん拝見できました。

米沢紬 型染め更紗の帯

久々の着物で、初めての帯で、小物もろもろ準備してなくて結構時間がかかってしまいました(←遅刻)。
今日は何しろ強行軍だったので。

今日の講演でおっしゃっていた通り、前の晩の準備が大事・・ですよねー。
むら田の奥様は余裕をみて15分、だそうです。そのぐらいちゃっちゃと着られるといいんですが、迷いがあると駄目ですね。

むら田の奥様の黒っぽい結城を観て、あ、やっぱり結城いいなーとまた結城熱が・・。
2,3月は余裕が無かったので、着物もご無沙汰でしたが、4月はまた着たいと思っております。
あー桜の帯も出さねば。(遅い)

岩佐又兵衛 源氏絵展 出光美術館

岩佐又兵衛 源氏絵展

昨日打ち合わせに出かけたついでに銀座に寄って、ギャラリーと美術館へ。

岩佐又兵衛の「源氏物語 野々宮図」がポスターになった企画展。
チラシをどこかで入手してから、クリアファイルに挟んで机の上にもろもろ進行中の書類と一緒に積んであったのですが、このチラシの端が目に入るたび、「なんだこりゃ、超絶技巧・・!」と毎回びっくりするのです。

チラシの端だけでこの威力。
岩佐又兵衛只者じゃありません。
源氏の服の柄みているだけで気が遠くなります。

同じシリーズの「官女観菊図」のほうは山種美術館で何度か見ているのですが、こちらは初めて。
官女の華やかさはありませんが、これもじわじわといいです。

あと展示の最初にあった三点。「和漢故事説話図」の須磨、夕霧、浮舟。
これはもはや漫画なんですが、ちょっと他の作者にはない臨場感がありありで、いい絵でした。

展示自体は源氏物語に特化しているので、お話の解説を読んでいたのですが、いつもの通り途中からわけがわからなくなり、寝不足もあってくらくらしてきて諦めました。
あさきゆめみしを読んだほうがいいかもしれない・・。

出光美術館 展覧会情報

ARTでCHARITY展2016。カンボジア絵絣の小物。

dscf9369

昨日午前中だけ顔を出して、ゲットしました。
NPOのカンボジア支援団体CYRさんの出品されている小物です。

カンボジアシルクで出来ていて、以前もカエルさんを買いました^^
今回は大きな手のヤモリ?に一目ぼれ。

下の絵絣は名刺入れです。
今使っている大島のが大分擦り切れてきたので、だめになったら使う予定。
大島にも似ていますよね。

ちょっと申し訳ないくらいのお値段なので、売り切れ必至。
プレゼントにもぴったりです。
どうぞお早めにお気に入りをゲットしてください。。

ARTでCHARITY展2016

ARTでCHARITY展2016

着物で銀座・浅草。アンティーク結城紬に手織りの洒落袋帯。

着物で浅草

展示の準備やら仕事やら、超余裕がないのですが、おまけに風邪気味ですが、11月中に片付けておきたい用があり、えいやっとお出かけしました。
浅草吾妻橋前です。
まだコートを着るほどでもないので、道中着にショール、ロング手袋です。

無地結城紬に洒落袋帯

珍しく人に撮っていただきました。
デザート食べて満足、の図。手元くつろぎすぎ。

結城は古~いやつで、柔らかくって、光沢も出て、上等。
布の力が凄く強いので、染の帯ではどうもバランスが悪く、手織りの帯を合わせました。

手織り洒落袋帯

読み本に松竹梅かな。おめでたそうな柄です。

染・織・繍を楽しむ4人展 DM

銀座も行きました。
DMを作らせていただいたこちら。

染・織・繍を楽しむ4人展 DM

東銀座は東京でも一番の着物スポットですが、やはり着物のお客様がたくさんいらしたそうです。
裂織のポーチや日本刺繍の帯留め、型染めの手ぬぐいなど、手を出しやすいお値段のものからあって、着物を着ない方でも楽しめます。
私はポーチをひとつ、ゲットしましたよ。
4日までの展示です~。