「ピーターと狼の点と線」表紙イラスト。

ピーターと狼の点と線 表紙イラスト


「ピーターと狼の点と線」/菊間史織 著 音楽之友社

見本を送って頂きました。

立派な本になって嬉しい^^
ちょっと怪しい雰囲気もある舞台のイラストは紆余曲折の末に構図が決まりました。
ピーターと狼の曲は何度も聴いたけど、陽気でワクワクして、芝居がかってひょうきんで、冒険の楽しさにあふれた名曲ですね。
こちらはその「ピーターと狼」の生まれた背景を掘り下げる学術的な内容ですが、お話的な切り口で、ごく読みやすく書かれています。

ピーターと狼の点と線 イラスト

本文のカットも幾つか描いています。

ピーターと狼の点と線 表紙イラスト

裏表紙が舞台裏?になってます。

私もまだ全文を読んでいないのですが、じっくり「ピーターと狼」の世界に嵌まりたいと思います。

書店で販売されていますので、ご興味のある方はぜひ。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16765464/

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

先月ご紹介した、ミュージック・ワークの2・3年下巻が届きました。
中学生向けの、音楽の教科書と合わせて使う参考書兼問題集のようなワークブックです。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

前回先に出来上がった2冊を送って頂きましたが、三冊目も無事出来上がり、これで一揃いです。
西洋楽器と和楽器、男女もバランスよく、、といろいろ考えつつ、それぞれに音楽の美しさ・楽しさが伝わる表紙になるよう描いております。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

生徒さんが使う分とは別に、教師用の見本には帯が付くのでちょっと派手です。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

おまけの沖縄版付録です。
薄い資料ですが、沖縄ではこれがとても需要があるそうです。
郷土の音楽をきちんと伝えようとしているのは素晴らしいですね。

全国版もどちらも大変好評ということで、嬉しいお知らせでした。
こちらは表紙のイラスト・デザインともに作成しました。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

昨年イラストを描かせて頂いた、中学生向けの音楽ワークが出来上がり、見本を送って頂きました。
音楽の教科書と合わせて補助的に使う、参考書兼問題集みたいな感じです。

新学期に新しい本の匂いがする教科書や資料が配られるのは何だか嬉しいし、表紙が気に入れば尚更嬉しいもので。
中学校の生徒さんが手にして嬉しいものであればいいなと思います。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト

もう一冊2・3年生用の下巻と、沖縄版の付録があるのですが、出来上がったものから早速送って頂きました。
また揃いましたらご紹介させて頂きます。

ミュージック・スタディ 音楽ワークの表紙イラスト