百貨店 美術フライヤー

池袋東武 カウズ展フライヤー

なんだかカウズのフライヤーばかり作っているような気がしますが。。
それだけ今人気ということで。
今回はちょっと読み物的に、というコンセプトで、文字多めです。

池袋東武 カウズ展フライヤー

裏面も文字多め。カウズの人気についてもう少し背景を解説した内容になっています。

↓こちらは絵画市の中のコンテンポラリーアート特集フライヤーです。
ポップアートの巨匠から、最近話題の作家まで。
池袋東武 コンテンポラリーアートフライヤー

今回おっと思ったのがホックニーです。
私、ホックニーといえば教科書に載っていたようなプールサイドの陽射しの強い絵か、オペラの舞台美術の素描のイメージで、どちらも私は好きだけど、ちょっと前の時代の人というイメージでした。
ところがこの方その後も進化していて、近年はipadを使って作画もしているとのこと。

池袋東武 コンテンポラリーアートフライヤー

近年の作品はデジタル感覚が活かされていて、とても興味深いです。
80代にしてこの早い時代の流れをちゃんととらえている、巨匠とはこういう人だなと改めて思います。

le concert フライヤー

音束 le concertフライヤー

コンサートフライヤーを作成させて頂きました。
演奏家集団、音束さん主催のコンサート。ピアソラを中心としたタンゴプログラム。

クラシック系コンサートではあまり無い、イラストが全面のフライヤーです。
演奏が恰好いいので、とにかく恰好良く。

音束 le concertフライヤー

クラシックファンだけでなく、意外と幅広い層が楽しめるのがタンゴだと思います。
少し先のコンサートですが、お近くの方はどうぞチェックしてください。
チケットはぴあ、teketから。

https://teket.jp/1504/6139

船橋東武百貨店 コンテンポラリーアートフェアDM

船橋東武 コンテンポラリーアートフェアDM

カウズ展に続き、コンテンポラリーアートフェアのDMも作成させて頂きました。
こちらは一回り小さいB5サイズです。

表面は思い切って切り抜きに。
漫画チックに作ってます。

船橋東武 コンテンポラリーアートフェアDM船橋東武 コンテンポラリーアートフェアDM

裏面は「ファッションコラボでみんなが知ってる」というのがテーマです。
有名ブランドとコラボするとあっという間に世界に広がる、というのはコンテンポラリーアートの一つのパターンですね。
村上隆や草間彌生もグッズやコラボでアートファンだけでなく一般に知られた存在になりました。

普段特に美術に興味のある方でなくても、これ知ってる、ちょっと寄ってみようかなと思って頂けると嬉しいです。

船橋 東武百貨店 カウズ展フライヤー

船橋東武 カウズ展フライヤー

船橋東武 カウズ展フライヤー

船橋東武百貨店で開催の「カウズ・センセーション」フライヤーをデザインしました。
今六本木森美術館でも大規模なカウズ展が開催されていて、ユニクロのコラボTシャツも良くみかけるようになりました。
まさに今話題のカウズってことで、注目の展示会です。

なかなか可愛いキャラクターにビビッドでお洒落な色遣いで日本でもさらに人気がでそうですね。

琳 日本画展DM

日本画展DM

日本画展DM

東急本店美術ギャラリーで7/1~開催の「琳 1990年代生まれの作家たち」展、DMと特設サイトを作成しました。

若い作家さんたちの展示会です。
時節柄、Webサイトが必須なので、DMと合わせてシンプルな特設サイトを作成。
既に売れている作品もありますが、これからまだアップされる予定ですので、ご興味のある方は覗いてみてくださいね。

水彩イラストのピアノ教室フライヤー

ピアノ教室の広告。水彩イラスト

クレ ド ソル ピアノ教室さんの生徒さん募集フライヤーを作成させていただきました。

こちら何度か描いている水彩のピアノイラストですが、人気がありまして。
今回も森のピアノのイメージは継続しつつ、新たに描きました。

動物と鳥が増えてます。
透明水彩のイメージはやはり透明感があって、優しくて、好きな方が多いですね。ピアノの音とも共通する何かがあるのだと思います。

コロナ禍ゆえにアイコンも入っていますが、近い未来?に必要が無くなれば切り取っても使えるよう想定しています。

お教室のイメージがこうして形になると、やはり共感した生徒さんが集まってくるものだと思います。
イメージを伝えるお手伝いが出来て、イメージが繋ぐ縁があれば嬉しいことです。

熊本 鶴屋さんの広告。

鶴屋デパート 美術広告

熊本の鶴屋デパートのフライヤーデザインです。
そういえば鶴屋さんて、熊本城の近くに昔からあるデパートで、何度か行ったことがあります。
家族旅行の折りに熊本城見ながら食事したり。。

そんなちょっとご縁のある場所ですが、今回は現代アート展のDMを作りました。
先日池袋東武でも見たカウズにキネ、明日28日からの展示です。
熊本の方は結構新しいもの好きで感度が高いと聞くので、良い反応がありそうですね。

鶴屋デパート 美術広告

東京は緊急事態宣言でまた催事に影響が出ていますが、熊本は無事開催されるようで良かったです。
コロナ対策をしてお出かけください。

アートフェア東武、出かけてきました。

池袋東武 アートフェア2021ポスター

アートフェア、明日までですが、今日ちょっと寄らせてもらいました。
B1のポスター、100枚刷ったのですが、大きなポスターがデパートのあちこちに貼られていて、アナウンスも流れ、とても力を入れて宣伝されているようです。

会場も広くて、ちょっと一回りのつもりが、随分見応えがありました。
巨匠から若手まで幅広く、ジャンルも様々で中々刺激的。
コロナ禍ではありますが、絵を楽しむ方も多くて安心しました。
美術館の企画とは違いますが、このお祭り感もひとつの楽しみですね。

個人的には棟方志功の書が良かったのと、KAWSがかなり可愛かったです。
ポップアートの中でも色が一ひねりあって面白く感じました。
人気があるのもわかりますね。

美術ファンの方だけでなく、普段美術館に行かない方でもこれは楽しいのではないかと思います。
明日までですが、お近くの方はどうぞ。

日本画展のDMデザイン。

日本画画廊DM デザイン

岐阜の長江洞画廊さんのDMです。
女性の作家さん2人ですが、どちらも男前で恰好いい絵。

なので、ロゴも色もきりっとしてちょっと渋くて恰好良く作りました。

日本画画廊DM デザイン

長江洞画廊さんは、大御所の作家さんから若手まで、今の日本画をけん引する作家さんを紹介していらっしゃいます。
東海地区の方はぜひチェックしてみて下さい。

アートDM・フライヤー

コンテンポラリーアート DM

しばらくデザインのお仕事が続いております。

昨年のバンクシーに続いて、カウズのDMです。
ポップアート系、そんなに詳しくないのですが、頼まれて初めていろいろ読んで、ほー今はこういうのか、ひょえー高いなと勉強する次第。

コンテンポラリーアート DM

見慣れるとだんだん可愛く見えてくる不思議。

日本画 DM

こちらは日本画で、新人作家のコーナーです。
先日のアートフェア東武の各ブースごとに業者さんがこういったチラシを作っているわけです。

日本画 DM

描く側だとあまり現代のものを見てなかったりするので、たまにこうして今の美術を眺めるのも面白いです。
私が美大に居た頃には、漫画っぽいのも、古典をなぞったのもNGという雰囲気でしたが、今はそれが主流で、まだまだ日本画は変わりそうですね。