亥年のイラスト年賀状。

亥年のイラスト年賀状

イラスト年賀状、完成版です。
今年はザ・年賀状という感じなので、お年玉付きの年賀状に印刷しました。

・いのしし張り子 ・宝尽くし ・晩白柚(ばんぺいゆ)のお飾り ・出初式
・まねきねこ ・羽子板(暫) ・花札 ・お屠蘇

晩白柚を飾るのはそんなに一般的ではないかもですが、柑橘のキツが吉に繋がるとかで、縁起が良いということです。
丸くて大きなものは何故かそれだけでお目出度いですね。

墨の線があると全部をデジタルで描くより楽だなあと思うようになりました。
冬の絵はがきもようやく完成しましたが、デジタルのみなので、結構きついです。
パソコンで描くよりもやはり手描きのほうが長く描き続けられる気がします^^;

東洋ならではですが、細密にしなくても絵になる、線って偉大だと思う。。

さて、明日が搬入。もうひと頑張り(←ぎりぎりの人)

ピアノ教室の発表会プログラム。クリスマスモチーフ

ピアノ教室発表会プログラム

青葉区のレ・プルミエ・パ ピアノ教室さんの発表会プログラムを作成させていただきました。
クリスマスシーズン真っ只中の発表会で、今年は第20回の節目の年ということで、プログラムも華やかに、記念になるものにと思って作成しております。
手描きの要素を多めに入れているので、なかなかインパクトのある仕上がり。

ピアノ教室発表会プログラム

A5サイズの小さな冊子ですが、赤い色でテンションが上がります。
生徒さんが持っていてうきうきするような、やる気になるプログラムになればと思います。

ピアノ教室発表会プログラム

プログラム部分は白黒ですが、やはりクリスマスです。

ピアノ教室発表会プログラム

最近思うのは、こういったお子さんも触れるようなデザインって大事だなーと。
子供の頃、そういう可愛いと思ったもの、綺麗でうっとりするようなもの、びっくりするほど上手なものを見るととにかく真似して描いてみた自分がいて、今よりずっと情報が少なかった時代だから余計にかもしれませんが、子供が夢中になるようなものって大事です。

良い先生も大事ですが、結局のところ一番の先生というのはやはり作品そのものなのだと思います。
私は絵を教えていませんが、自分の作るものがこんなの描いてみたい、と少しでも思えるような絵だといいなと思います。

型染めの展示DMを作成しました。

石田郁子型染め展DM

石田郁子さんの型染め展DMを作成させていただきました。
和風のDMを作ることが多いです。

今回は平面の布ばかりなので、少し単調になりますが、クローバーの型紙がアクセントになったかなと思います。
帯地にタペストリーに、手ぬぐいなど、シックな型染めの魅力が詰まった展示会です。

石田郁子型染め展DM

丁度煉瓦画廊さんでのArtでGift展と時期が被ってしまうのですが、和のものお好きな方ははしごしてくださいね~。

日本画展のDMを作成しました。

日本画展DM

岐阜市の長江洞画廊さんの展示会DM。
先日アップしたのは重鎮の先生方の展示会でしたが、今度は若手。
院展でもちょっと眼を引くフレッシュな若手の作家さんたちの展示です。

とんがった絵に負けない、少し強めの配色で作成しました。
若手の作家さんを育てる画廊さんとお客様がいらっしゃるのも有り難いこと。
岐阜の土地にはそれがしっかり根付いているんだと思います。

日本画展のDMを作成しました。

長江洞画廊 日本画展のDM

岐阜市の長江洞画廊さんの展示DMです。
上村淳之先生の鴛鴦は上品でおめでたい雰囲気です。
流水と、白地が雪にも見えるような、ちょっとパウダリーな白の紙に印刷しました。

長江洞画廊 日本画展のDM

日本画の重鎮の先生方の作品を揃って観られる機会は東京でもそんなには無いですね。
良い季節の展示です。どうぞお出かけ下さい。

フライヤーを作成させていただきました。

小澤真智子ヴァイオリンリサイタルチラシ

NYが拠点のヴァイオリニスト、小澤真智子さんのリサイタルフライヤーを作成しました。
今回はガーシュインも入って古きよきアメリカなイメージ・・で青と赤を印象的に。
本場ブルーノートでは大変好評だったそうです。
情熱的でどこか郷愁を感じさせるタンゴのリズム、情感溢れる演奏は日本でももっと多くの方に聴いていただけると嬉しいです。

小澤真智子ヴァイオリンリサイタルチラシ

今回は横浜公演のお知らせです。
お近くの方、是非お運び下さい!

化粧品のラベル・フライヤーデザイン

化粧品パッケージ

新商品の化粧水パッケージやラベル、フライヤーを作成させていただきました。

ラベルやフライヤーは良く作りますが、パッケージはあまり経験が無いのでして。
ちょっとグラデーションを入れただけですが紙の厚みなどでも展開図が変わるし、全ての面をデザインするって大変だなと。。
基本頭がグラフィックなんですね。

でも組みあがった時の楽しさはやはり新鮮なものがあって面白かったです。
今回は大急ぎでしたが、次回はトータルで最初からデザインしていければと思います。

化粧水は今使っていますが、アトピーや敏感肌にも使えるもので、これ結構アンチエイジングに効果がありそうです。
使い続けたら美魔女になれそうですよー。

ピアノ教室の発表会プログラム 秋バージョン。

ピアノ教室発表会プログラムピアノ教室発表会プログラム

毎回色違いで作成している、尾見林太郎さんのピアノ教室発表会プログラムです。
色が違うだけですが、わりと違った雰囲気になってます。

今回は9月の発表会なので、暑すぎず、寒すぎず・・な中間色です。
早く秋らしくなって欲しいものですが、残暑が続いて、台風が来て、ってやっているうちに冬になっていそうで怖い・・。

小澤真智子 ヴァイオリンリサイタル

小澤真智子 ヴァイオリンコンサート フライヤー

北鎌倉のあと大船の鎌倉芸術館で、小澤真智子さんのヴァイオリンリサイタルを聴いてきました。
こちらのチラシを作らせていただいた公演です。

今回はパーカッションが入って楽しさ倍増。
前半はピアノとヴァイオリン、後半はトリオでの演奏でしたが、前半後半でかなり雰囲気の違うコンサートでした。

前半はじっくり弾き込んだレパートリーで、今回発売のCDタイトルにもなっているオブリビオンはこれまで以上に情感たっぷりで、繊細な表現も聴き応えがありました。
こんな曲だったのかと、ちょっと新鮮な感動があり、いいですね。
CDにはオクターヴィオ版のオブリビオンと、新録音のミ・オブリビオンが両方収録されていて、これから聴くのが楽しみです。
オクターヴィオさんの独特の土っぽさとか、キレのいいリズムが亡くなったのは本当に残念ですが、新しいオブリビオンにも期待したいと思います。

小澤真智子 ヴァイオリンコンサート フライヤー

後半はブラジル生まれのジョカさんのパーカッションが加わったことで、より南米らしくなって、ライブ感も増しました。
自作の曲も多かったので、アドリブ感も増してスリリング。その場でしか味わえない音楽のよさがあったと思います。

今回は鎌倉の友人とも久しぶりに会えて、楽しい一日となりました。感謝。

筆文字のロゴ。商品ラベル。

筆文字 ロゴ

久しぶりにアップ。

最近気の長い仕事が多くてですね、なかなかアップ出来ないのですが、仕事はしております^^;

以前描いたお塩のラベル、いろいろあって商品名が変更になり、書き直しました。
ちょっと男前なラベルになりました。
今回は和紙を使えなかったため、背景に少し質感を入れることにしました。南国の海っぽくなってます。

筆文字のレパートリーはあまり多くは無いですが、今後増やしてみようかな。