音楽教室の発表会プログラム。ギリシャ神話イラスト。

音楽教室 発表会プログラム オルフェウス

大田区の山王音楽教室さんの発表会プログラムです。
A5サイズの中綴じ冊子。
今回はギリシャ神話のオルフェウスをモチーフに描きました。

獰猛な動物たちもオルフェウスの竪琴の演奏に耳を傾け、聞き入っているというシーン。
金色の線で神話的に。

音楽教室 発表会プログラム オルフェウス

音楽教室の発表会もパートを分けて人数を抑えたりと、いろいろ工夫しつつ、生徒さんの発表の場を設けているようです。

私も週末はバレエの発表会のお手伝いに行ってきたのですが、極力共有のものを減らして、あちこちで除菌。
受付は検温しつつフェイスシールド2枚と手袋で完全防備。チケットもセルフもぎり、プレゼントはご遠慮しますという体制でした。
規模は縮小しつつも出演者の方は皆さん本当に頑張っていて、リハも見ごたえがありました。

舞台裏はたくさんの人が働いていて、それぞれプロのお仕事で舞台をサポートしています。
本番はあっという間なんですが、2日間かけて出来上がっていくものを見るのは楽しいですね。
展示会の設営とは少し違うところもありますが、似たところも多いなと思った2日間でした。

さて、今週はシルバーウィーク前の忙しい一週間になりそうです。お仕事頑張ります。。

ピアノ教室の発表会プログラム。ドラゴン再び。

ピアノ教室 発表会プログラム

埼玉県のアンプロンプチュピアノ教室さんのための発表会プログラムです。

黒い羽の部分にタイトル等が入りますよ。

以前作成したピアノを弾くドラゴンが皆さんに好評でして。
今回は白黒というのもあって、シマシマの竜にしました。

ムジカノーヴァでスチームパンク風をやった後だったのもあり、周囲は乗り物特集でファンタジックに。

ピアノ教室 発表会プログラム

中にも外にもちょこちょこイラスト入ってます。

ピアノ教室 発表会プログラム

コロナ禍での発表会とあって、どこも苦労されているようで、グループに分けて入れ替え制にしたり、無観客にしたり、はたまたWebコンサートにしたり。

でもどのお教室も前向きに出来ることを頑張っていらっしゃるなと思います。
プログラムもモチベーションアップにつながると嬉しいです。

ムジカノーヴァ(音楽之友社)8月号 表紙。

ムジカノーヴァ8月号表紙

あっという間に1か月・・8月号の表紙です。
Go Toなんて話もありますが、東京は蚊帳の外ですし、田舎に帰ろうにも旅行しようにも難しい方は多いかなと思います。

8月号の表紙は、クレヨンで書いた夏休みの絵日記風、懐かしの我が家、です。
遠い記憶の中にある、子供の頃のお家や、田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家、覚えていますか?
一つ一つ風景の記憶をなぞるように、思い出して、家に帰りましょう。

音楽には追憶のメロディーがあるなと思います。
何故か懐かしい、記憶をさかのぼるような、作用をする音があるのが不思議です。

さて、今日は次回9月号の表紙を仕上げまして、今度は全く違うイメージになっております。。
しばらく白地の爽やか?なのが続きましたが、9月以降は濃いめになっていく予定ですよ。
どうぞ後半もお付き合いください。

ムジカノーヴァ(音楽之友社)7月号の表紙イラスト。

ムジカノーヴァ7月号表紙

ムジカノーヴァ、7月号の表紙です。

鐘の鳴る街の絵になりました。
イメージはやはりラ・カンパネラでしょうか。
大きな河のほとりの街に鳴る鐘の音をイメージしています。
ちょっとキラキラしさが足りない気もしますが。
その分カラフルな表紙になりました。
あ、おまけの絵がシンクロしてる^^

今月号も楽しんでいただければ嬉しいです。

ムジカノーヴァ(音楽之友社)6月号表紙。

ムジカノーヴァ6月号

ブログが一か月ぶりになってしまいました。
ステイホーム月間ですが、結構忙しく働いております。有難いことです。
先ほどまで次号の表紙を仕上げていました^^;

まだまだお休みのお教室も多いことと思いますが、こういう期間に深められる人、磨ける人でありたいなと思います。
表紙は最初6月ということで、梅雨っぽいもの?を予定していたのですが、一転して一番爽快なものを仕上げることにしました。

6月号といっても出るのは5月ですしね。(←これは春に学習した)
緊張のある毎日の方も、一度深呼吸して、めいっぱい爽快な気分で眺めていただきたい表紙です。

1年分のムジカノーヴァも折り返し地点です。引き続きよろしくお願いいたします。

ムジカノーヴァ 5月号の表紙。

ムジカノーヴァ 5月号

ムジカノーヴァ、5月号の表紙です。
今月は白地ですっきり。

デザインのおさまりも良く、このくらいがインパクトもありつつ、程よい表紙ですね。
12ヶ月もありますので、全部がそうはいかないのですが。
童話が浮かんでくるような、表紙になりました。

ムジカノーヴァ5月号

次号を目下仕上げていますが、こんな時期なので、すっきり爽快感のある表紙を、と思っています。
どうぞお楽しみに~。

ムジカノーヴァ(音楽之友社)4月号表紙。

ムジカノーヴァ4月号

ムジカノーヴァの表紙、4月号です。

俯瞰構図は珍しいかな。
少し離して見ていただいたほうが全体が分かるかもです。

ふわりふわり浮き上がる赤い花のバレリーナ。
私的にスカルラッティを聴くとなぜか赤い花畑が浮かびます。

ちょっと面白い表紙になりました。
いろいろ想像していただけるとうれしいです^^

ムジカノーヴァ3月号(音楽之友社)表紙。

ムジカノーヴァ3月号表紙イラスト

ムジカノーヴァの3月号を送っていただきました。
春なので、お花のピアノとちょうちょ。

子供に読み聞かせる楽しい物語のような、ハイドンのピアノソナタをイメージしています。
大きなお花のピアノを描きたかったのですが、やはりちょっと隠れてしまいました。
ちょうちょが可愛いので勘弁してください。
ぎりぎり脚の先が見えているのはデザイナーさんの配慮ですね。。

次回はまったく違う構図になる予定。どうぞお楽しみに~。

ムジカノーヴァ(音楽之友社)2月号表紙

ムジカノーヴァ2020年2月号

新しいムジカノーヴァが届きました~。
2月号は、ちょっとアンニュイなフランス曲のイメージで。

ピアノの上で踊る小人のイメージって、ピアノの演奏を聴いていると私の中ではよく出てくるのですが、弾いている皆様はどうなんでしょうか?
音の粒がくるくると踊って伸びて、消えていく様子が見えたらこんな風かな、と思います。

ムジカノーヴァ2020年2月号

ところで「子猫のすずちゃん」ってどんな曲なんでしょ。
誰か弾いてください^^

ピアノ教室 クリスマスの発表会プログラム。

ピアノ教室 クリスマスコンサート

市ヶ尾のピアノ教室、レ・プルミエ・パのための発表会プログラムです。
クリスマスの時期に発表会をやるお教室、結構多いようですね。
直接的にクリスマスモチーフではないのですが、クリスマスカラーのイラストで作成しました。

ここのところテーマがダンシング!なので、こちらも踊っています。
東欧の民族衣装で踊るクリスマスパーティをイメージして。
ピアノ曲も舞踊のリズムが入った曲が多いので、生徒さんがそんな心持ちで演奏してくれたら嬉しいです。

ピアノ教室 クリスマスコンサート

素敵なクリスマスコンサートになりますように!