ミライ・デザイン イシバシミキコのグラフィックワークス
イシバシミキコ プロフィール
イシバシミキコ 1974 広島県生
1998 多摩美術大学日本画卒
2000 多摩美術大学大学院日本画修士課程修了
2001 個展 (国立 ガレリアラセンにて)
2002 韓国画・日本画交流展(銀座 中和ギャラリーにて)
2003 NUANCE展(国立 ガレリアラセンにて)
2004 ミライ・デザインとして活動を始める
2006 CGと水彩による個展
   「DIGI DIGI CIRCUS イシバシミキコのグラフィックワークス」
    開催(銀座煉瓦画廊にて)
2006 ARTでGIFT展に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2007 「イシバシミキコのでじでじさーかす」(本厚木里羅にて)
    「TOKYO illustration 2007」入選
    (2007.6.27~7.9 国立新美術館にて入選作展示)
2007 ARTでGIFT展2007に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2008 日本画出身の3人による「CASUAL」展参加(銀座煉瓦画廊にて)
2008 ARTでGIFT展2008に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2009 ARTでGIFT展2009に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2010 ARTでGIFT展2010に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2011 Graphic art exhibition vol.29~新世代グラフィックスの新潮流~に参加
   (茅場町レクトヴァーソギャラリーにて)
    日本画出身の3人による「CASUAL vol.2」展(銀座煉瓦画廊にて)
    震災復興祈念CHARITY展、ARTでCHARITY展2011に参加(銀座煉瓦画廊にて)
2012 イシバシミキコ日本画個展-玉響- 自由が丘galleryCANVASにて
2013 日本画出身の3人による「CASUAL vol.3」展参加(銀座煉瓦画廊にて)
2015 「ハラダマホ&イシバシミキコ 二人展」(熊本市 ギャラリー楓にて)
最近のおぼえがき
  もともとは大学で日本画を学んでいましたが、アルバイトをきっかけにMacでいろいろ作るようになりました。
最初は知人友人の小さな名刺から。だんだんにいろんな仕事を頂くようになり、いろんな方と知り合う機会を頂きました。知らないうちに仕事の記録も積み重なり、お蔭様で引っ込み思案な割りに幅広い分野の方と交流させて頂いております。

お仕事とは別に、デジタルでどこまで作れるか、試してみたくなったのが、2006年~2008年の展示です。この時期の作品はジクレーとして発表しました。
緻密な仕事に手ごたえも感じつつ、ひとつの限界も感じた気がします。

あれこれと模索しているうち、2010年頃から、もう一度日本画を始めてみようと思いたちました。
大学で描いていた頃は、何か新しいものを作らなくてはいけない気がしていましたが、今は戦前のもの、さらに昔のもの、もっと昔のものに惹かれています。古い日本美術の技術と心をどうにか現代に受け継げないものかと考えてしまいます。
まだまだたどたどしい仕事ですが、日本画は2011年、2013、2015年の展示で発表しています。

日本画を再び描くようになって、デジタルの仕事も変化してきました。徐々に、要望によって手描きをミックスした仕事が増えています。
筆の仕事とデジタルの仕事、絵描きの仕事と商業デザイン。専門化の進む現代ですが、自分なりの立ち位置で仕事が出来ればと思います。

2016.4月 イシバシミキコ