ご来場有難うございました!

CASUAL展vol.4、無事終了いたしました。
ご来場頂いた皆様、有難うございました。

いや、本当は21日に行こうと思っていたんだけど・・という方が何人もいらっしゃいました^^;
そうですよねえ。いつになく天候に翻弄された展示会でしたが、最後が暖かな一日で良かったです。

今回はここ3年分くらいの絵を出したので、一番古いものと新しいものとでは時間経過があったのですが、自分的にやはり三年分の成長と積み重ねがあり、良くなっていく感があるので、まだまだ描けるなあと思っております。
次に描く絵が楽しみです。
何分時間も手間もお金もかかる日本画で、思うように進まない所もありますが、ゆるーく見守っていただけたらと思います。

有難うございました!

さて、明日からは気持ちを切り替えてお仕事を頑張ります。
昨秋から続いた展示三連の最終回で、かなり展示モードに染まってましたが、お待たせしている皆様済みません。
順番に進めていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

出品中の日本画。

薔薇 日本画

M6号 薔薇 売約済み
日本画らしい金箔の1枚です。
サインをいれたらますますそれっぽくなりました。
クリック拡大します。

朝顔 日本画

M15号 朝顔 売約済み
熊本の展示に出したものですが、少し手を入れました。
背景金泥なので、光によって見え方が違います。

ヨウシュヤマゴボウ 日本画

M8号 Autumn note
ぷちぷちしたお花が音符のようなので、noteとつけました。
丸と線のリズムが可愛い花束です。

アネモネ 日本画

P10号 アネモネ
昨秋の熊本展に出したものに少し加筆。
黄色がとにかく明るいです。

キンセンカ 日本画

P15号 長春花
長春花はキンセンカの別名。金盞花・・金の杯というのもいい名前ですが、ちょっと読みにくいのでこちらにしました。
他のお花はオキシペタルムと、都忘れと、ひょろっとしたのは多分ハナシノブの仲間・・。

ルピナス 日本画

F10号 ルピナスさん
ルピナスさんは実際にそういう絵本があるのだそうです。
ルピナスを野山にたくさん植えた女性のお話だそうで。

ヨウシュヤマゴボウ 日本画

F15号 秋日和
以前の熊本展に出したもの。
更紗は古~い端切れなので、柄を水増しして描いております。

ブラックパール 日本画

M6号 黒い真珠のブーケ
花の名前を調べていたら、ごろごろした黒い実はブラックパールというそうで。。
黒い真珠は素敵だなーと。
白い花はレースフラワーに見えますが、アストランティアという花でした。ガクの部分がもっと白くて花っぽく見えるものが多いようですが、緑っぽかったので余計にレースフラワーっぽくなっております。。
菊咲きのものはアスターと教えていただきました。
こちらの絵だけ試しに額を付けています。実際に飾っていただくにはやはりガラスの入った額が安心です。

リストにしました^^
額は黒い真珠のブーケ以外は展示用の仮縁なので、別途ご用意頂くことになります。
こちらでいつもの江東美術さんに手配することも出来ます。
M6号の額はブナ材で内側にマットを貼ってもらっています。

21日が雨雪だったので、土曜が込み合いそうですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

金盞花の花束。

金盞花

最後に描いている絵。
明日搬入です~。

その他熊本展に出した絵も数枚、若干手直しをしたりして出します。
全部花になりました。

会期中、在廊するのは初日19日、21日(水・祝)、最終日24日です。
皆様にお会い出来るのを楽しみにしております!

銀座煉瓦画廊 CASUAL展

ヤマゴボウの絵。

ヤマゴボウ 日本画

DMの絵はほんとは細長いのです。
ぷちぷちした草花を集めた日本画です。M8号。

今回小品が少なめです。。
花ってわりとサイズが大きくなるんですよね。。

展示は来週19日~

銀座煉瓦画廊 CASUAL展

花の日本画。

花 日本画

・・花の名前が全く分からない^^;
あとで調べます。。
ぷちぷちした花、好きです。

この時期に展示の準備をしていると思い出すのは震災の日。
あの年も3月のお彼岸あたりに煉瓦画廊さんでCASUAL展を予定していて、追い込み~というところで3.11でどかんと来て、それでもしばらくは節電しつつ日本画描いてましたね。。

どうにも先行きが怪しくなって、7月に延期が決まりましたが。
その間もしょっちゅう大きな揺れがあって、絵を置く場所に困ったなあと。。
別の展示の打ち合わせで茅場町まで行ったので、銀座にも挨拶に寄ったけど、人気のないこと。
文明堂に男性の店員さん一人しかいなくて、緊急事態っぽさがひしひしときました。

皆電車や地下鉄に乗るたびに緊張してましたね。
無事着くだけでありがたかった。

2011年の展示に向けて日本画を再開したので、今年は再開して7,8年目になります。
学生の頃とは使う絵の具も描き方も随分変わりました。
まだまだ下手くそだなーと思いつつ描いていますが、以前よりは色が出るようになってきたかな。

ずっと観ていただいている方も、初めての方も、どうぞご高覧下さい。

銀座煉瓦画廊 CASUAL展

薔薇の日本画。

薔薇 日本画

銀座煉瓦画廊さんのCASUAL展用、ちょっと古典的な小品です。

薔薇は毎年千葉のDr.本間ローズガーデンでスケッチさせて頂いているので、不自由しません。

CASUAL展vol.4
銀座煉瓦画廊
2018年3月19日(月)~3月24日(土)

銀座煉瓦画廊 CASUAL展

日本画三人展 CASUAL vol.4のお知らせ。

銀座煉瓦画廊さんでの日本画(出身)三人展のお知らせです。
私は熊本に出した作品も含め、日本画中心に出品予定です。
かしこまらない、えらそうじゃない、日常的な、というようなコンセプトで始めた三人の展示は、2013年の第3回で一旦終了したのですが、今回煉瓦画廊さんが木挽町から移転?(予定は未定)ということで、再結成。

2008年の初回はデジタル作品を出品した展示ですが、10年後の現在、10年のうちに日本画のスタンダードも若い世代はカジュアルが当たり前に^^;
今CASUAL展というのはどうかとも思いましたが、狭間の世代ならではの立ち居地というのもあるのでして。
日本画を再開した2011年の展示から目指しているのは、平明で明るい、澄んだ心持の絵ですが、何かもうひとつ突き抜けたいなと思いつつ、まだまだ未熟さを痛感する展示前です・・。

銀座煉瓦画廊 CASUAL展

会場には祝・土はおりますが、平日はまだ決まっておりませんので、また近くなりましたらお知らせします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

銀座煉瓦画廊にて
CASUAL vol.4
イシバシミキコ / 小島健司 / 林 牧
2018年3月19日(月)~3月24日(土)
11:00~19:00 最終日17:00まで。

画廊コレクションによる新春展 銀座煉瓦画廊

浅利 日本画

今年4月までとなっている銀座煉瓦画廊さん、新春の画廊コレクション展に旧作を1枚出させてもらっております。
画廊とお付き合いの深い、歴代の作家さんの作品が並んでいるので、今では貴重な品物も。

銀座煉瓦画廊さんの展示予定

(浜野まゆみの以前の絵付けの蕎麦猪口、欲しい方は早めに行ったほうが良いですよ^^)
画廊さんが選んだ良い作品が多く、見所が多い展示になりそうで楽しみです。
1/15~1/20 11:00-19:00(最終日17:00)

銀座煉瓦画廊 ArtでCharity展2017

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

今年で8回目のArtでCharity展、無事終了いたしました。今回でひとまずの終了です。
これまでご来場いただいた皆様、有難うございました!

ArtでGIFT展から数えると丁度一回り。
確か初回は亥年の年賀状を作ったのでした。
亥年から始まって戌年で終了です。

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

毎年こういった発表の場所を頂くのは本当に有り難いことで、毎回見てくれる方がいることで、絵はがきやらカレンダーやら、作るのも楽しく、より良いものを見せよういう意欲も湧くものです^^

そのカレンダーや絵はがきからつながるお仕事もあり、めぐりめぐってこんなお仕事に繋がったりしております。↓みずほ証券さんのカレンダー
(最終日だけですが、絵が無くなって空いたスペースに飾らせてもらいました。)

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

当初来て頂いていたお客様にはもう他界された方もいらっしゃり、さすがに12年は長いなと、、感慨深く思い出しています。

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

絵はがきコーナー

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

カレンダーの原画。人物と一緒のものも新たに額装しました。

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

こちらは熊本の展示にも出したドッグシリーズです。
錦糸町の江東美術さんで格好いいマットを切ってもらったので、なかなかお洒落な額になっております。

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

銀座煉瓦画廊ArtでCharity展2017

着物は土曜日だけ。
半年ぶりくらいに着ました^^;今年は忙しすぎて本当に着られる日が少なかった。

糊散らし 小紋 縮緬の帯

桐の花を意匠化した縮緬の帯です。
桐は初夏の花ですが、ピンキリのキリで、最後の意味もあるので、12月の着物にも良いとどこかで読みました。
一区切りの意味をこめて。
本当はあわせたい紬が別にあったのですが、袖直しが間に合わず・・いつもの小紋になりました。
新年の楽しみを残しつつ、今年の展示を締めたいと思います。

糊散らし えんじ 小紋 縮緬の帯