鯛飯とぬか漬けと。

鯛めし

ご無沙汰日記です。
ここのところ忙しくてですね、既に来年の年賀状やらカレンダーやら、、犬をたくさん描いておりますよ。
(日本画がまた描きかけで放置です。。)

今日は美味しそうなあらを見つけて、豪快な鯛飯を作りました。
なんか男前な食膳です。

糠漬けがどうしても作りたくなって、糠床の元を買いました。
夏だと冷蔵庫保存になってしまうので、本当は5月頃に作り始めるといいのだそうです。
が、ある程度熟成済みのものを買ったので、冷蔵庫でもまあ何とか美味しい糠付けになります。

今日はようやく涼しい一日だったので、室温で菌を培養中^^
もうしばらく涼しいといいのに。

蒸し暑~い日のお出かけ。小千谷縮に羅の帯。

小千谷縮 羅の帯

むしむしと暑い一日です。
降ってくれたほうが涼しくなりそうですが、多分今日はほとんど降らないだろうと想定。
日傘を持ってお出かけしました。

凄く久しぶりのお着物です。
単衣の時期が忙しすぎて、籠もっていたので、袷から一気に夏物。
それも真夏の暑さ対策フルバージョンです。

小千谷縮に羅の帯

30度を超えるというので、絹は諦め。
汗をかいても洗える麻にしました。

笹?の柄の小千谷縮に流水の羅の帯です。
前柄は縦になっているので滝?
鯉の帯締めなので、鯉の滝登りということで。

三田の春日神社で今回も裏方さんでお茶出しやらお運びさんのお手伝い。
今日も足腰が鍛えられて、夜には既に筋肉痛です。

夜はまた別件がありまして、一旦着替えて丸の内バルバッコアでシュラスコの会。
今あまり肉類食べられませんが、野菜はたっぷり、肉はほどほどに食べてきました~。

久々の宴会・外食でありました。

THE KEIRYU COMPANYさんのパンフレット

渓流 商品パンフレット

渓流 商品パンフレット

The Keiryu Companayさんのパンフレットを作成させていただきました。

赤×黒、琳派の流水でジャポニズムなデザインになっております。
A3サイズのセンター二つ折り。
都市空間×渓流がテーマということで、六本木の高層ビルの中に再現される渓流を表紙にしました。

ただの日本庭園ではなく、そこに最新のモーターを組み込んで、勢いのある水流を作るユニットを販売されています。
卓上ユニットタイプもあれば、ホテルやビルのエントランスに設置するような大きなものもあります。
水が動くことでせせらぎの音がして、何か生物を癒しつつ活性化させるようなエネルギーがあります。

日本では三越さんでの展示が立て続けにありましたが、海外からの反響も大きいようです。

平安時代には曲水の宴みたいなのもありましたが、自然を人工の中に取り込むのは日本人のお得意のジャンルです。
平安時代でも、室町時代でも、もしこんな技術があったら、、数寄者のお金持ちは飛びついたんではないでしょうか^^
これからが楽しみな商品です。

日本工業刃物さんのWEBサイトデザイン。

日本工業刃物 WEBサイトデザイン

工業刃物の老舗、台東区に本社のある日本工業刃物さんのWEBサイトをデザインさせていただきました。

以前のものがかなり古くなっていたので、デザイン、コンテンツを全面的にリニューアル。
社長さんも近年代替わりされたので、テーマカラーなどは引継ぎつつ、新しいイメージをアピール出来るといいなと。
ごくシンプルですが、見やすいサイトになっていると思います。

今回はページ内容の見直しから、デザイン、基本ページのコーディングまでを作成しました。
後はプログラマさんにお任せです。

コーディングはそんなに得意でもないですが、作業自体は好きです。
外国語を覚えるような感じで、新しい構文を覚えて、応用して、失敗してまた試して、地味な作業ですがやりだすと止まらなくなります。。
デザインする上でも知っているのと知らないのでは違ってくるので、時間はかかりますが、たまにやるといい勉強になります。

興福寺の寺宝と畠中光享展

興福寺の寺宝と畠中光享展

先日柴田悦子画廊さんで拝見した祖師画が良かったので、横浜の展覧会、行ってきました。
本当は先週行きたかったのだけど、丁度仕事が詰まっていたので。。

畠中先生の絵は、女性を描いたものより、男性を描いたものが好きです。
中でもやはり今回の祖師画シリーズが良かったです。
色と線の美しさが際立っていて、これは興福寺にも先生にも良いめぐり合わせだったんだなーと。
1000年残るものを、って凄いプレッシャーですね。。

せっかく横浜まで出たので、友達とお茶してまったりして帰りました。
若干腕が腱鞘炎っぽいので、休み休みやっております~。

長江洞画廊さんの日本画展DM。

日本画展DM

いつもDMを作成させていただいている、岐阜の長江洞画廊さんのDMです。
院展の、まさに重鎮の先生方の展示。

や、ちょっと緊張するんですよ。地味に。

昨年の翠の会もイラストで作成させていただいたのですが、今年は六月の花ということで、ねむの木を選びました。
繊細な感じが院展風かな~と。
ちなみに前回はやまぼうしでした。

紙にこだわりたい、ということで、新・北斎を使いました。
なかなか紙は刷ってみないと分からないところが多いのですが、新・北斎、とても上品な紙だと思います。
アラベールのような、少しクリーム系の、しぼのある紙ですが、より肌理が細かく、繊細です。
格調高いイメージを作ってくれます。

六月はじめの展示です。お近くの方は是非お出かけください。

薔薇の季節。

ローズガーデン

今年も早くも薔薇の季節ですねー。
毎年恒例の、千葉遠征。
Dr.本間のローズガーデンコンサートに行ってきました。

・・が、今回は仕事が山積みだったため、スケッチを1枚軽く描いただけで帰ってきました。
写真もなくて済みません・・。

薔薇は超満開でした。
急に温度が上がったようで、いつも最初の頃に咲く小さなつる薔薇から、時期の遅いオールドローズまで、ほとんどの花が咲いていたのではないでしょうか。
あたり一帯が薔薇の香りでいっぱいでした。

尾見さんのピアノは、リハーサルで聴いていましたが、
スカルラッティのソナタ、バッハの平均律第二巻、バルトークのルーマニア舞曲、
最後がブラームスのラプソディーとインテルメッツォ。

個性的な曲が揃って、あちこち旅をしているような。
古典派は格調高く、バルトークはひねりが効いて遊びがあって、ブラームスは出来たらベーゼンでもう一度聴きたいですね。
ブラームス独特のうねるような暖かさや甘い感じがベヒシュタインだとちょっと物足りないかな。

城戸さんのチェロはピアノの方と息がぴったりで、ベートーヴェンのチェロソナタは本当にピアノとチェロが一体になっていました。
芸大の同級生だということですが、長い時間が経ってもこうして一緒に演奏が出来るのは音大生ならではでいいですね^^

絵描き同士もまあ、展示を一緒にすることはありますが、一緒に描くわけではないですからね^^;

休日なので。

芍薬 スケッチ

連休中のお仕事が終わって、かろうじて1日お休み!
昨年から溜まっているスケッチを引っ張り出して、下図作りに・・入るまで行かないような^^;

資料整理からやっております。。

画像は去年の芍薬スケッチ。
うーん。重たいの嫌なんだけども、やはりそろそろまた画用紙のスケッチブックに戻してもいいかもしれない。

あんみつ再び。

あんみつ

いつも以上に忙しい連休になっております。
・・いや有難いですけども。

でも白玉粉の余りがあったので、あんみつを再び。
フルーツを入れたいところだけど、丁度いいのが無かったので100%オレンジジュースの寒天をプラス。餡はちょびっと。
ビジュアルは微妙だけどお味はバランスよくなりました。

フルーツ&アイスのトッピングしたいですねー。

社員教育のためのカード&冊子。

三原産業 12の力リーフレット

こちらは愛媛県の三原産業さんで、社内の人材育成のためにつくられたカードと小冊子です。
ディレクションはロジック&エモーションの佐々木さん。
ビジネスリーダーの育成に力を注いでいらっしゃいます。

リーダーに求められる、12の力をまとめて解説したコンパクトな冊子は、A5サイズの中綴じで、シンプルにデザインしました。
カードはジャバラに折って、名刺サイズになります。

個人でも、会社でも、目指すべき理想や、精神的支柱が改めて言葉で求められている時代なのだと思います。